公務員の給料・給与・年収の調べ方

f:id:sayumikun:20181224160922j:plain

皆さん受験先の給料・給与・年収はどう調べていますか?

転職サイトや口コミサイトでしょうか?

でも、サイトごとに記載されている年収が異なって、どれを信じればよいのか迷いますよね。

そこで、信頼できるサイトを紹介していきたいと思います。

 

給料・給与・年収がわかる信頼できるサイト

① 受験先のホームページ

② 総務省の「給与・定員調査等の調査結果等」(市役所・都道府県)

➂ 年収とりまとめサイト「年収ガイド」

④ プレジデントオンライン 公務員年収ランキング

上記の4つを順に取り上げていきます。

 

① 受験先のホームページ

「〇〇市 給与」「〇〇県 給与」と検索すると、市や県が公式発表している給与や年収が掲載された資料にたどり着くことができます。

給与について書かれた資料のデータ名は、市役所の場合ですと、「給与・定員管理等について」と表記されており、各自治体が必ず公表しています。

受験先の自治体を調べてみましょう。

また、「給与・定員管理等について」という資料は下記の項目が掲載されています。

・平均年齢

・平均給料

・平均給与(給料プラス手当の金額)

・平均給与 国比較ベース(残業代を除いた金額)

・ラスパイレス指数(国家公務員と比較して給与が高いかどうかが分かる指標)

・給料の見直し方針(ほとんどが減少についてです。〇〇年までに〇%減など)

・初任給

・経験年数別給料(10・20・25・30年)

・級別職員数及び給料表(昇進した時の給料が見られます)

・期末手当、勤勉手当(ボーナス)

・退職手当

・地域手当(基本給に〇〇%を掛けた額をもらえます)

・時間外勤務手当(どのくらい残業があるか目安になります)

・扶養手当(自治体ごとで大きく異なることがあります)

・住居手当(自治体ごとで大きく異なることがあります)

・通勤手当

・管理職手当

 

これだけの項目を見られる。もう丸裸ですね。

 

さて、具体的に特定の自治体の資料を見るための手順を示しておきます。

例えば、別記事で紹介した市役所年収ランキングトップの厚木市で調べてみます。

 

「厚木市 給与」と検索してみると、下記のページが表示されます。

このページ内の「厚木市の給与・定員管理等について」というPDFデータを開いていただくと、上記項目のような年収や給与を閲覧することができます。

 

今回は市役所の例を出しましたが国家公務員や都道府県庁職員、国立大学法人等職員などの給料・給与・年収も、それぞれのホームページで公表されていますので、チェックしてみてください。

 

② 総務省の「給与・定員等の調査結果等」(市役所・都道府県庁)

①の「受験先のホームページ」では、受験先ごとの個別の調べ方についてでしたが、一覧で調べる方法として、「給与・定員等の調査結果等」という総務省のWebページがあります。

このページでは①で紹介した市役所・都道府県庁が公表しているデータを集計して一覧にしているものです。

エクセルとPDFで公表しており、自治体(都道府県庁・市役所)の給与関係の情報を一気に見ることができます。

たくさんの受験候補自治体の中で、実際に受験するところを絞る際に使うと良いと思います。

 

➂ 年収とりまとめサイト「年収ガイド」

 年収について掲載しているサイトは数多くありますが、その中でも分かりやすいサイトが「年収ガイド」です。

nenshuu.net

 このサイトの良いところをまとめると下記のようになります。

・常に最新のデータを更新されていること

・総務省など、確かな情報元からデータをまとめていること

・公務員だけでなく、民間企業のデータもあり、情報量が豊富なこと

・サイトデザインがシンプルで見やすいこと

・ランキング形式で全自治体を比較できること

 

ご自身で志望先のホームページから情報を得て、比較するのが面倒な方は、このサイトを参考にすると便利です。

 

④ プレジデントオンライン 公務員年収ランキング

ビジネス誌の代表格であるプレジデントオンラインでも公務員の年収ランキングを公表しています。

公表している年収金額自体は➂の「年収ガイド」で掲載されているランキングと同じです。

しかし、プレジデントオンラインでは、「年収ガイド」とは異なる解説が載っています。

雑誌ならではの取材こみの記事になっているので、見る価値がありますよ。

president.jp

また、雑誌関連で言うと、東洋経済オンラインでも地方公務員年収ランキングを公表しています。

ただ、特集時期が遅く、1年遅れた情報を掲載しているので注意が必要です。

toyokeizai.net

まとめ

いろいろな給料・給与・年収の調べ方を紹介してきました。

今までは口コミサイト等で信用して良いかどうか分からない数字を見てきた方も、上記のサイトから信用できる年収情報を手に入れてください。

 

当ブログでも、総務省から得た情報で市役所職員の年収ランキングを紹介していますので、ご参考までにご覧ください。

www.komuin-shiken.com

 

また、国立大学法人職員の年収ランキングも調べました。

www.komuin-shiken.com

 

以上、「公務員の給料・給与・年収の調べ方」でした。

 


 

その他の公務員試験に関する記事については、トップページに掲載しております「step.0~6および番外編」欄に、当サイトの記事を分野別に並べていますので、ご興味のある記事をお選びください。

なお、パソコンで見られている方はページ右側のサイドバー、スマホで見られている方は記事下にも「step.0~6および番外編」欄がありますので、ご活用ください。

>>(トップページ)【独学】3ヶ月で公務員試験合格!教養のみ型受験対策サイト