公務員試験の教養試験対策⑨ 地理は「ダイレクトナビ」でひたすら暗記

公務員試験の地理の対策について、「おすすめな参考書・勉強の流れ・勉強法」を紹介します。

地理対策におすすめな参考書

過去問ダイレクトナビ地理:実務教育出版

過去問ダイレクトナビは問題と解説が見開きで記載されており、ページをめくる必要がないため、勉強時間を短縮することができます。

問題と解説のページが異なっていると、何度もめくって何が間違っているか見ることになり、思っているよりも時間を食ってしまいます。

1問ずつは小さな差かもしれませんが、百ページ以上ある参考書を使うので、大きな時間差になりますので、ダイレクトナビを使うメリットは大きいですよ。

 

また、問題の選択肢の間違っている部分が赤い斜線を引いたうえで訂正されており、どこが間違っているか一目で分かります。

問題を解く際は赤いシートをかぶせるので、赤い斜線も訂正文も見えないので、安心してください。

センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本:KADOKAWA

この本は、ダイレクトナビ等で分からなかった部分の知識を補完するために使いましょう。

センター試験用なので、問題を解くために必要な知識を分かりやすくまとめてくれています。

私が勉強してみた感覚として、試験範囲はセンター試験の方が広いと思っているので、この「センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本」で十分カバーできますよ。

過去問500シリーズ:実務教育出版

志望先用の過去問500(市役所用・地方上級用など)を見て、地理の試験内容を把握してください。

また、ダイレクトナビをやり込んだ後に過去問500で仕上げましょう。

地理の勉強の流れ

 ① 過去問500で問題の傾向を確認

 ② 過去問ダイレクトナビ地理を繰り返し暗記

 ➂ 過去問500で仕上げ

センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本は、わからない箇所の補足に使用。

 

地理の勉強法

地理も日本史・世界史に続いて勉強範囲がとても広いです。

しかし、歴史のように流れは関係なく、単純な暗記科目なので、ひたすら過去問ダイレクトナビで暗記することが重要になります。

過去問ダイレクトナビは問題が頻出順に並んでいるため、過去問ダイレクトナビの前半に掲載されている問題を特にしっかり取り組みましょう。

 

地理の試験本番の取り組み方針

地理は暗記科目なので、本番で解く際は、選択肢を読んでわからない・覚えてないものは飛ばすことが重要です。

4つの選択肢を読んで、覚えているところを確認し、間違っている選択肢を潰していってください。

 

現代文や英語、数的処理などとは違って、1~2分程度のスピードで解いてほしいので、時間を掛けずにどんどん進めましょう。

1~2分取り組んで分からない問題は何分かけても分からないので、きっぱり諦めて他の問題を優先してくださいね。

 

 

以上、「公務員試験の教養試験対策⑨ 地理は「ダイレクトナビ」でひたすら暗記」でした。

 

続いての科目は理系科目の物理です。

www.komuin-shiken.com

 

その他の科目についてはこちらからアクセスしてください。

www.komuin-shiken.com